【2001年に向けて】
 2000年のしし座流星群は悪天候のため見ることが出来ませんでした。来年は月明かりの影響がない絶好の条件です。11月19日午前3時前後に流星群のピークが出現するとの予測もあり、目が離せません。今から楽しみです。 (2000.11.19 記)


【1999年しし座流星群を終えて】
 1999年のしし座流星群は極大日の11月17/18日は悪天候に阻まれましたが、なんとその翌日の11月18/19日に多くの流星(去年の極大日よりずっと活発!)を見ることが出来ました。暗い流星が多く、写真にはあまり写ってくれませんでしたが、肉眼で存分に楽しむことが出来て満足です。来年は月が明るいのですが、再来年はまたひょっとすると・・・・楽しみです。 (1999.11.20 記)


【1999年のしし座流星群】
 昨年(1998年)、流星雨が見られるのではないかと大きな話題になった「しし座流星群」ですが、今年も好条件で観測することが出来ます。昨年は残念ながら期待を裏切られましたが、今年こそ多くの流星が見られると良いですね。

 1999年のしし座流星群の極大は11月18日11時頃と計算されています。日本では11月17日の夜から18日の明け方にかけて最も多くの流星が見られるはずです。11月17日にしし座流星群の放射点が昇ってくるのは午後11時7分頃(金沢市の場合)で、この時刻から明け方までが流星群を見るのに適した時間帯です。当日の月齢は9ですが、午前0時過ぎには沈みますので影響は殆どありません。

 では、防寒に注意して流星群を楽しみましょう! 寒さは足もとからやって来ます。 (1999.10)



1999年11月17/18日のデータ
  金沢市 東京都 札幌市 福岡市
日の入 16時45分 16時35分 16時11分 17時16分
薄明終 18時13分 18時02分 17時49分 18時41分
月の入 00時25分 00時13分 23時57分 00時55分
薄明始 05時04分 04時50分 04時51分 05時26分
日の出 06時32分 06時18分 06時28分 06時51分



 しし座流星群リンク集
  アストロアーツ
  日本流星研究会
  しし座流星群を見よう!!!