見たい画像を左のフレームから選択(マウスでクリック)して下さい。




★ 1999年しし座流星群の観望、撮影記録 ★


【1999.11.20 15時】
 11月20日未明も快晴に恵まれたため、午前3時40分頃から5時30分頃まで撮影しました。しし座流星群の活動は明らかに衰えており、午前5時から約30分間に流れた8つの流星のうち1つだけ(他は散在流星)という結果でした。しかし、写真を現像したところ暗いながらも1つだけ写っていました。



【1999.11.19 22時30分】
 昨夜(11月19日未明)撮影した写真の中に、しし座流星群の流星が1つだけ写っていました。午前5時10分頃に流れたもので明るさは0等級、痕を伴って流れました。写真では寂しい写りでちょっと残念でしたが、予想外の活発な活動をこの目で見ることが出来たのはラッキーでした。



【1999.11.19 05時30分】
 今夜の金沢市は午前1時頃から2時半頃まで晴れ、その後一時的に雨が降ったものの午前4時頃に再び晴れました。しし座流星群の活動はかなり活発(HR200程度だったそうです)で、去年の極大日を上回るものでした。痕を残す流星も多く見られ、また2つの流星が連続して出現することがあるなど、夜明け前まで大いに楽しむことが出来ました。



【1999.11.18 21時】
 LIVE! LEONIDS 99 のライブ中継(アメリカ・ネバダ州)を見ていると、しし群の流星がかなり出現しています。もうしばらく期待できそうですね。なお、21時30分よりNHK総合テレビでしし座流星群の特集番組が放送されます。



【1999.11.18 20時】
 まだ天気が回復しませんが、いつでも撮影できるよう準備を完了しました。カメラを2台(ニコンF4とF801S)使い、すべて自動撮影する予定です。これらのカメラは専用のマルチコントロールバックを使うと長時間露出+インターバルタイマーが機能し、流星の自動撮影には最適です。中でもニコンF4はフィルムのコマ間に撮影データ(日時分秒)が記録でき、非常に便利です。(そんな中、ヨーロッパではHR数千という流晴雨が見られたとのニュースも飛び込んできました。うーん・・・・)



【1999.11.18 15時】
 現像してみましたが、やはり流星は写っていませんでした。(流星どころか星が1つも写っていません。雲ばかり・・・)ところで、金沢市は今夜から明朝にかけて晴れてくる予報です。(現在は雨が降ったり止んだりの不安定な天候です。)もし晴れたらもう一晩頑張ってみます。



【1999.11.18 13時】
 11月17日に栃木県まで遠征したものの、夕方から雲が広がり午前2時頃からは雨になってしまいました。雨が降り出すまで自動撮影(Nikon F801S+マルチコントロールバック使用)を敢行しましたが、流星は写っていないと思います。万一撮れていたら掲載しますが、期待しないで下さい。(^^;)