火星


 2003年8月3日〜27日の火星を組写真にしてみました。視直径が徐々に大きくなる様子、夏を迎えて縮小する南極冠、自転による模様の変化などがわかります。
撮影年月日:2003年8月3日〜27日
鏡筒   :高橋 TS160 (D=160mm,f=1000mm ニュートン反射)
赤道儀  :高橋 160JP
カメラ  :PHILIPS ToUcam Pro USB PC-Camera (光映舎による改造品)
アイピース:PENTAX O-9mm
露出   :15フレーム/秒で120秒(1800コマをコンポジット)
画像処理 :RegiStax + Photoshop 7.0.1
撮影地  :自宅