環消失直後の土星と月を別々に撮影し、1つの画像に合成したものです。×1と書かれた土星像は月と同一倍率ですので、大きさの比較が出来ます。また、3倍に拡大した土星像では衛星の存在がよくわかります。

 撮影年月日:1995年8月14日 00h30m 露出1/250秒(月)
       1995年8月14日 00h35m 露出8秒(土星)
 鏡筒   :Lichtenknecker FFC20(f740mm,F4)ベーカーシュミットカメラ
 赤道儀  :高橋160JP
 フィルム :FUJICOLOR SUPER G ACE400
 画像処理 :SHARP製フィルムスキャナ(JX-330P/JX-3F12)で取り込み後、
       Adobe Photoshop 3.0.5J(Windows 95)で処理。