木星状星雲 (JPEG 23KB)

  画像処理について


 うみへび座にある惑星状星雲、NGC3242(木星状星雲)です。右側の画像はRGB各色に分解したモノクロ画像で、光の波長によって星雲の模様が違って見えることを示しています。この星雲は視直径40"と非常に小さいのですが、表面輝度が高く短時間の露出でよく写ってくれます。また、望遠鏡による眼視でも青緑色の美しい色彩を見せてくれます。

 撮影年月日:1996年12月14日 02h51mより露出14分×4
 鏡筒   :ASTROSIB-250RC純リッチークレティアン鏡筒
       ペンタックス製2×テレコンバーター使用(f=4000mm,F16)
 カメラ  :RICOH XR-8
 赤道儀  :高橋160JP(SBIG製ST-4によるオートガイド)
 フィルム :FUJICOLOR SUPER G ACE800
 画像処理 :Kodak フォトCDから読み込み後、
       Adobe Photoshop 3.0.5J (Windows 95)で処理。